【ダイエット】運動もせず1ヶ月半で8キロ痩せた方法とは?

やあみんな!

前回「人は本気を出すと二週間で何キロ痩せられるのか?」という企画を行いました。

キックボクシングで試合が決まる度に無理な減量をやっていたら、その後「リバウンド」の繰り返し。
格闘技をはじめる前は64キロだった体重が73キロまで増える始末。身長は175なので70キロ台は平均とも言われますが、体重の増えかたが急激でちょっと心配になり、

このままではいけない!と人生初のダイエットにチャレンジ。

しかし前回やったのは「食事抜き」や「ミットうち&サンドバッグ」など、格闘家の減量に近いやり方だったので今回はもっと簡単なやり方を試します。

ちなみに「減量」と「ダイエット」は根本的に違います。

減量は、試合に向けて短期的に落とす方法で、食事を抜いたり、体中の水分を抜く「水抜き」など、かなり「無理」をします。
無理をした状態はずっと維持できるわけもなく、ちょっと食べたらすぐ戻ります。
前回のダイエット企画も、どちらかというと「減量」気味になってしまい、空腹の極限で67キロまで落とせましたが、すぐ70キロ台へ戻ってしまいました。

ダイエットで失敗する人もこんな感じで「減量」になってしまっているのが原因かもしれません。

栄養管理アプリに教えてもらった真実

数十万円の大金を払ってライザップをやっていたという知人に話を聞くと、直接ジムへ行って指導を受けるのは月にわずか数回。
あとは自宅に居ながらメールで食事指導をしてもらうらしい。たとえばコンビニ食「食べていい物リスト」があってそのリストから食べるものをチョイスする。
知人はそのやり方で20キロ落としたらしい。効果は絶大。

でも、このくらいなら大金払わなくても一人でもできるんじゃないか?・・・と思い調べてみると・・・ありました。

「あすけん」というアプリ。(ステマではありません)

コンビニの商品などひとつひとつ栄養素データーベースが網羅されていて、食べたものを入力していくとその栄養値の合計が分かるようになっていて、その結果に基づいて、AIのお姉さん(以下、『AIお姉さん』と呼ぶ) が食事指導をしてくれるというアプリ。

ライザップもどき、としてこのアプリを使うことにしました。

そして俺はそんなAIお姉さんの指導の下、食生活の改善を続けていった結果・・・体重を「65キロ」まで落とすことに成功しました。

期間は1ヶ月ちょい。ピークが73キロだったので「-8kg減」。元々そこまで太ってるわけでもないので、この体重の落ち方はびっくり。

運動はほとんどしてません。食事抜き、は一切せず、夜はわりと好きな物(カレーやチャーハン)食べてました。

そこでこのアプリを通して知ったダイエットの意外な事実と、体重の記録を公開していこうと思います。

食事抜きはいけない

アプリをはじめた当初、食事を控えめにしていたら、AIお姉さんに「もっと食え!」と怒られましたw
まさかダイエットアプリに「もっと食え!」と怒られるとは思ってみなかったのですが、
どうやら脂肪を燃焼させるためにはエネルギーが必要らしく、食事抜きしたところで脂肪の燃焼が非効率的になるだけのようです。
食べないことで体重が減ってるように見えるのは、胃袋の中が軽くなってるだけだそうで、決して脂肪が燃焼して痩せたわけではないとか。

そこで大事なのは「食べない」ことよりも「何を食べるか」ということを、アプリを通して学びました。

「量」を減らすよりも「質」を変える

AI栄養士の指導の下、自分は「野菜」と「肉」を中心に食べるようにしてました。

いわゆる糖質制限で「米」「パン」「甘い物」はなるべく食べず、
逆に野菜は好きなだけ、日によってはたらふく食べたりもしました。

野菜ばかりの生活は苦痛だ!とみんな言いますが、個人的にはセブンイレブンの「チョレギサラダ」が美味すぎてむしろ食べるのが楽しみですらありました。

自分なりに「美味しい」と思う野菜の商品を見つけるといいと思います。肉はコンビニ定番の「サラダチキン」です。

完全に糖質を制限しなくてもいい

糖質を制限した、と書きましたが、実は1日のうちで「夜」だけは好きな物を食べてました。
チャーハンであったり、パンであったり、甘い物だったり。もちろん食べ過ぎはよくないのでほどほどの量ですが。

よく「夜食うと太る」と言われますが、しかしそれでも体重は落ち続けました。

結局の所、1日の摂取栄養量の合計が大事なのです。
自分は、朝と昼に野菜と肉ばかり食べていて、糖質を制限していたので、夜に多少食べても効果あったのだと思います。

運動は場合によっては逆効果

よく引退した格闘家がぽっちゃり体型になっているのを見かけませんか?
あれは現役時代の食事量のまま、運動だけをやめてしまったためです。摂取カロリーの逃げ場がなくなり、どんどん肥えてしまうのです。

自分もキックボクシングをやっていて、バリバリ頑張ってたときはスリムでした。

しかしあるとき怪我を境に練習量が減ってしまい、モチベの低下で通う回数が減り始めた結果、過去最高の73kgになってしまいました。
今回のダイエット企画はまさにそれに起因してはじまったわけですが。

何が言いたいかというと、運動をすると「食欲が強くなる」のでその食欲と戦わねばならず、結果的に無理なダイエットになってしまいがち、ということ。
ダイエットの基本は「無理をしない」。

今後数年~数十年、その運動量と、その食欲に逆らう生活をキープできますか?と考えると、俺は出来ないので、長期的に痩せたいときは無理な運動はしない方がいいと思いました。
もちろん、その食欲と運動量をコントロールできるだけの強靭な精神力があるなら別ではありますが。

今回のダイエットでも運動らしい運動はほとんどしてません。なのに体重の落ち方は過去最高。
前回は断食しながら10キロ走って倒れかけたり、あれほど苦労したのに微妙な落ち加減で、結局企画終了後には即リバってましたから・・・。(*_*)

すぐには痩せない

前回の企画もブログ更新を意識して「2週間」と短めでしたが、今回分かったのは、「続けた期間」が大事だと言うことです。
それは米一粒一粒をお椀に入れていくように、1日1日では目に見える効果が実感できなくても、長く続けるとやがて米はお椀からあふれ出します。
体重が落ちにくい「停滞期」が必ずありますが、そこでコツコツ努力を継続していくと、あるとき急にガクッと急に落ちます。
なので根気よく、いかに時間をかけて続けるかだと思います。

食べたもの

ざっくりと「野菜と肉」と書きましたが、もっと細かく書きますと

最初の半月は、あすけんAIのアドバイスに従って「栄養バランス」を重視して、いろいろ食べてました。
・朝(1日分のビタミンゼリー、ナッツ類)、
・昼(セブンイレブンのチョレギサラダ、サラダチキン、刺身、グリーンスムージー)、
・夜(サラダチキン、コンビニサラダ)
最初は増えたり減ったりでしたが継続していくと、増えたり減ったり、の「減ったり」が大きくなりはじめました。

半月後、栄養バランスは若干無視して朝昼をシンプルに。その代わり夜好きな物食ってたので苦にはならず。

・朝(ビタミンゼリー)
・昼(チョレギサラダ、グリーンスムージー)
・夜(カツ丼など米類や、たまにサラダ)

このメニューに変えてから「夜好きな物食える」ので大分精神的に楽でした。
運動もしていないので食欲の衝動もなく、反動でやけ食いするなんてこともありませんでした。
あと、毎日カツ丼ってわけではなく、サラダ、カツ丼、サラダ、カツ丼、みたいな感じで交互に夜食を変えてたので良かったようです笑

体重の推移

こんな感じです。じわじわ~っと落ちていたのがあるとき急にガクッと落ちてます。
仮想通貨と同じですね笑 下降トレンドの最中に一時的にグンと上がったように見えてもそれは「波動理論」でいう戻しの1波(プルバック)。
ここで「ああーリバウンドしたっ」と努力をやめてしまうと大損くらうので、ガチホ継続で頑張りましょう!

※外部検索サイトから来た方は「こいつ何言ってるんだろう・・・」と思ってることでしょう。

結論

ダイエットは無理しないのが一番!

断食は食欲が強まるので厳禁
運動も食欲が強まるのでほどほどに




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1人旅をこよなく愛する暇人。自然と動物が好き。知識なしで会社経営を始めて現在泥臭く奮闘中。投資経験ゼロから半年で10万円を3200万円に!元インドア男から現在格闘家。なんでもやってみて案外なんとかなってる人。