【生活リズム改善】朝ランニングが心身の健康に良い3つの理由とは【ダイエット効果】

やあみんな!

最近寒くなってきて朝起きるのがキツい、って人も多いはずです。俺もそうです。

でもそんな時にこそ自分にムチ打って、朝ランニングしてみるのも必要かもしれません。

実は「朝ラン」には「体力作り」以外にも隠された効果があることが分かっています。

そこで今回は「朝ラン」が心身の健康にどう影響を及ぼすのかを書いていこうと思います!

朝ランが健康にもたらす3つの影響

①身体への影響

一日の基礎代謝が上がる

代謝とはざっくり言うと体内のエネルギーを生産したり分解したりするサイクルのことで、これが活発になると、身体が疲れにくくなったり、けだるさや倦怠感が少なくなります。

朝にランニングすることでこの代謝をグーンと上げることができます。もちろん朝だけじゃなく、昼にランニングしても代謝は上がりますが、朝ランで上がった基礎代謝は一日を通してずっと持続するといわれます。

なので「朝ラン」をすれば一日を快適に過ごせるので、仕事も捗ることでしょう。

自分も朝ランをはじめてよかったなーと思うのは、仕事で疲れることがなくなった事です。

脂肪燃焼効率がいい

人の身体は、まず「糖質」を優先的にエネルギーに変え、糖質がなくなると次に「脂肪」を燃焼させはじめます。

つまり、昼飯後や夕方などに運動しても、身体に貯まった「糖質」の貯金がある限り、脂肪燃焼効果は微々たるものになるのです。

しかし、朝の起床後にランニングをやる場合、前日の夜食以降「飯を食っていない状態」が長時間続いているので、限りなく「糖質の少ない状態」でランニングをスタートできます。

結果、他の時間帯にランニングやるのに比べて、脂肪を直に燃焼しやすく、ダイエットにも効果的だと言えます。

脳への影響

記憶力の向上

「朝走ると頭が冴える」という人も多いと思います。
実は運動と脳の働きには関連性があることが分かっています。
運動をすることで脳に血流が行き渡り、脳が活性化するからです。

ランニングなどの有酸素運動をした後は特に「海馬」と「前頭葉」への血流が増えていて、
海馬は「記憶」を、前頭葉は「やる気、感情、理性」などをつかさどる部分なので、記憶力の向上や、精神面の改善などの影響があります。

心への影響

交感神経が優位になる

交感神経は自律神経ともいわれ、人の心臓や臓器を動かしている大事な神経です。
この自律神経の働きは、人のメンタル面にも大きな影響を及ぼしていて、これが乱れると、
憂鬱感、無気力感、しまいには自律神経失調症といった神経病を引き起こします。

不規則な生活習慣やストレス環境が続くと、交感神経の働きがおかしくなり、
涙もろくなったり、怒りっぽくなったり、情緒が不安定になりやすいのですが、
朝ランで身体を動かすと、この交感神経が活性化して、メンタル面を安定させることができます。

幸せホルモン「セロトニン」の分泌

俺が朝ランをおすすめする一番大きな理由のひとつがこれです。
セロトニンは幸せホルモンといわれ、不安やストレスといったネガティブな感情を抑え、幸福感を感じやすくなると言われるホルモン物質のひとつです。
日の光を浴びる歩く走る、といった単純な行動で、この幸せホルモン「セロトニン」が大量分泌されることが分かっています。
ランニングじゃなくても、日の出の時間帯でウォーキングするだけでも効果はあるので、走るのが辛くても「朝ウォーキング」だけでもしてみましょう。

走るのにBESTな時間帯

最も朝ランに適しているのは日の出の前後の時間帯です。
朝日を浴びる、と、体を動かす、の2つがポイントですので、日の出前に走り始めて、ランニング中に日の出を迎えるのが一番理想です。

朝ランを習慣化するために

無理した長距離はおすすめしない

無理して長距離を頑張ったとしても、2~3日で燃え尽きてしまっては意味がありません。
無理して3日坊主になるよりも、ゆる~く1週間続ける方が絶対良いです。体力に自信がないなら3分~5分だけでもOKです。
自分が「これなら続けられるな!」と思う距離を見つけてみてください。

走るペースはゆったりで

走るペースは速すぎず!を心がけましょう。過呼吸になるほどハードなランニングは、健康には逆効果の場合もあります。
かるーく汗を流す程度のスピードで大丈夫です。

音楽を聴きながら走ろう

ランニング中の気持ちを高めるアイテムとして「音楽」があります。
自分もランニング中にアップテンポの曲を聴くと、ついつい曲のリズムに合わせてハイスピードで走ってしまうのですが、不思議なことにあまり苦にならないです。
地味で退屈なランニングも「音楽」を使うと楽しく感じられるので絶対おすすめです。

自分にご褒美をあげる

俺がよくやってたのは、「ランニングのゴール地で美味いものを食べる」というご褒美ランニングでした。
隣町まで10キロ走って、その町で美味しいパンケーキ食べて帰る、そんなご褒美があることで頑張れる人もいると思います。
ダイエット目的で走ってる人にとっては「せっかく走ったのにもったいない」と思うかもしれませんが、
長期的にみると「走る」という習慣を継続することで、「基礎代謝」が向上し、痩せやすい体質を作ることができます。

記録を取ろう

自分の走行時間、走行距離、走行前後の体重、体の調子、など細かく記録していきましょう。
過去のデータと比較することで、「あれ?最初より長い距離走れてる」とか「タイムが上がってる」といった具合に自分の成長を肌で実感できるのでモチベーションも高まりやすくなります。
また、今の時代は紙でなくとも、スマホアプリで何でもできてしまうので、アプリを使うのも手かもしれません。
便利なランニング用のアプリは後で紹介します。

ランニングにおすすめのツール

ランナーがひとり1つは持っておいた方がいい、使っておいた方がいいだろう、というものを紹介していきます。

ランニング用アプリ

Endomondo 自分が愛用しているランニングアプリ。距離の測定、タイムの記録を行い、その結果をクラウド上に自動保存してくれる。FaceBookと連携しておけば、FaceBook上にもデータを記録&シェアしてくれる。
Runtastic 上記、Endomondoと同様のランニング補助アプリ。ただこっちの方が新しく、機能も充実してるので、今からはじめるならこちらの方がおすすめかもしれない

ランニンググッズ

ランニングポーチ

ランニング中にお金や小物を持ち歩きたいってときはこの「腰ポーチ」は必須です。
腰に巻き付けるので両手はハンドフリーで、サイズも小さいので邪魔にならず、プロランナーから一般まで幅広く使われています。

ランニングアームバンド

ランニング中にスマホをポケットに入れてると汗で誤作動してしまたりします。
大体のランナーはランニングアプリを起動しながら走ってると思うので、誤作動が起きればタイムの計測もやりなおし、なんて事態にもなりかねません。そこでこのアームバンドがおすすめ。スマホを腕に固定できるので、ポケットの汗で誤作動の心配もなく、画面を見たい時にスピーディーに確認ができます。

リーボックZポンプフュージョン

側面の空気ポンプを指でタッチすると、空気が入って膨らむ特殊な靴。
かたいコンクリート上での衝撃から足を守ってくれる。
自分は2015年に開催された企業対抗駅伝の秘密兵器としてこの靴を購入しましたが、それ以来お気に入りです♪
良い靴があるとランニングのモチベーションも上がりますね!

最後に

便利な世の中になり、パソコンやスマホとにらめっこする生活を過ごされてる人も多いかもしれませんが、そういう人こそ、朝ランがおすすめです。朝ランで心身ともに健康な生活を作りましょう。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1人旅をこよなく愛する暇人。自然と動物が好き。知識なしで会社経営を始めて現在泥臭く奮闘中。投資経験ゼロから半年で10万円を3200万円に!元インドア男から現在格闘家。なんでもやってみて案外なんとかなってる人。