【仮想通貨FX】BitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)の使い方!板の読み方から音の意味まで【ビットコイン】

どうも、Akyです。

先日、BitFlyerのビットコインFXをはじめたんだけど、結構使いやすくて驚きました。

それまでは、Z〇ifを使っていたのですが、「指値注文」しかできない、注文が約定しない、等の問題で、売りたいとき、買いたい時に売買できず、やるたびに損失が出ていました。

え?お前が下手くそなだけだって?・・・まあ否定はできませんがw

今回はビットフライヤーのFX「BitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)」の使い方から、板の読み方、そしてみんな気になる「謎の音」の意味まで紹介します。

※画像が小さい場合はクリックして拡大してください

銀行登録

画像の手順で入出金用の銀行を登録します

日本円の入金

画像の手順で入出金します。日本円の代わりに他の仮想通貨取引所から「ビットコイン」等を入金することもできます

レバレッジを設定する

レバレッジとは信用取引のことです。そもそも信用取引が分からないって人はつまり「借金をして元手の何倍もの取引をすること」をいいます。

たとえば元手「5万円」でビットコインFXをはじめた場合、レバレッジを「10倍」にすれば、「50万円」分のビットコインが売買できます。

ただし損失も50万円分の売買をしたときと同じ損失がでますので、軽い気持ちでレバレッジを高くすると、大火傷してしまいます。

特に投資未経験、FXデビューが仮想通貨、のような人たちはまず、「かるFX」や「FX Cymo Demo」など為替のFXのデモトレードアプリ(実際のお金を使わないシュミレーション)で練習するのもアリだと思います。

※画像の手順でレバレッジを設定します。

証拠金の入金

ビットフライヤーに「日本円」を入金しただけではFXはできず、「証拠金」としてFXへ移動しなければなりません。

証拠金とはFXで信用取引をするために必要なお金です。

たとえばさきほどの「5万円」でレバレッジ「10倍」の「50万円」分の取引をするなら、「5万円」が証拠金となります。
なので元手の5万円が溶けてしまうと「証拠金が不足」している状態になります。

なお、証拠金不足した状態で、追加入金をしないでいると取引できなくなってしまいますので注意してください(入金すれば取引できるようになる)。

※画像の手順で証拠金を入金します。

注文画面の見方

注文には3通りありますが、今回はよく使う2つだけ紹介します。

指値注文 = 値段を指定して注文する

成行注文 = 現在の価格ですぐ注文する

板と取引ステータスの見方

板には「指値注文」の価格帯ごとの総量を表示しています。

左上が「売り板」で、この価格で「売りたい人」達の注文、

右下が「買い板」で、この価格で「買いたい人」達の注文

中央が現在の価格を表しています。

この板に対し、成行で注文したい人たちが「買い」をいれれば、現在の価格に近い順に買いの指値注文が約定し、レートが上へ上がり

この板に対し、成行で注文したい人たちが「売り」をいれれば、現在の価格に近い順に売りの指値注文が約定し、レートが下へ下がります。

よく誤解されるのが「価格が上がるのは買いたい人が多いから」「価格が下がるのは売りたい人が多いから」という認識です。

これは間違いではありませんが正確には「成行で注文したい人が多い方に価格は上下する」ということです。

なので「売り板が厚いからすぐ価格が下がるだろう」ということではなく、
「売り板が厚いからその価格帯を突破されるのに時間がかかるだろう」という考え方が正しいです。

逆に板が薄ければ、ちょっと売買するだけでその方向へ価格が動きやすい、ということです。

歩み値の見方

板が「指値注文」の数を表示するものとしたら、「歩み値」は「約定(確定)した注文」を表します。

何時何分何秒に、レートがいくらのとき、どのくらいの量が約定したのかが、履歴としてずらーっと残ります。

歩み値は「板」のを見抜きたいときに便利です。

「板」には、実際に売買するつもりがない注文を表示させる人がいます。

これを「見せ板」というのですが、わざと大きな注文を板に表示させて、
「あ、今買っても板が厚すぎて価格が上がりそうにないな、売るか」
「あ、今売っても板が厚くて価格が下がりそうにないな、買うか」と、投資家の心理を操作します。

そして実際に注文が約定しそうになると注文を引っ込めます。

やるにはそれなりの資金力が必要なので「機関投資家」たちがよく使う手法です。

じつはこの「見せ板」は違法行為で逮捕案件なのですが、注文行為自体が違法ではないので、現在の為替や株、そして仮想通貨投資では当たり前のように行われています。

このやっかいな見せ板ですが、板だけを見ていては、注文が引っ込んだときに「約定して引っ込んだのか」「取り消されて引っ込んだのか」判断できません。

そこで実際の約定履歴が見れる「歩み値」を確認するのです。

歩み値を見ることで、「あ、誰かが見せ板してるな!」「あ、この注文は本当だったのか」と判断できます。

音の意味

さて、みなさんが一番気になっているのではないでしょうか。ビットフライヤーライトニングを開くと聞こえてくる「カタカタカタ・・・」「チャリーン」「ババっ!」という謎の音。

現在調べてもこの「音」の意味を解説してくれているサイトを見かけません。

意味がわからないうえに、うっとおしいので「OFF」にしている人もいると思いますが、結構便利なので使うことを推奨します。

慣れると画面を見なくても、音で「今売りが多い」「今買いが多い」のかを判断できるようになります。

音の意味は以下のとおりです。

音の意味

「カタカタカタ」・・・板情報が更新された音。つまり「指値注文が増えたり減ったり」「レートが上下したとき」の音です。これはうっとおしいので僕はオフにしてます。

「ポリン!」・・・高めの可愛い音です。買い注文が約定したときに鳴ります。

「ザーン!」・・・タライで頭を殴られたような音です。売り注文が約定したときに鳴ります

「フワーン」・・・自分の指値注文が約定した時の音です。

音の例えに自信がないので、他に良い表現あったら教えてください(笑)

約定した注文の大きさによって音の強弱が変わります。

小さな注文の場合はポリン・・・
大きな注文の場合はポリンッ!!

慣れてくると、音だけを聞きながら、売り買いの強弱が分かるようになります。

ザーン!ザザーン!と何回もタライで頭を殴られてる気がしたら、それは『売り』の勢いが強い、ということです。

僕は、音で売り買いの勢いを判断しながら、レートの変動を目で追い、レートがどこらへんまで下がってくると『買い』が増えるのか、どこらへんまで上がったら『売り』が増えるのか、感覚で掴むようにしてます。

おわりに

ビットコインFXはリスクもありますがしっかり勉強して挑戦すれば、利率が良いのですぐに稼げます。

今回紹介したビットフライヤーライトニングはBitfryerに登録することでご利用できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




コメントを残す