【仮想通貨】投資家が確定申告額を間違えていた時にやるべきこと【株&FX】

仮想通貨の損益計算って難しいですよね。

仮想通貨同士を交換した際にも課税されてしまうので、

何百回、何千回、といった取引履歴をすべて集計して、さらにそれを日本円の損益に置き換えなければなりません。

それでも計算結果を間違えて過小申告してしまうと脱税扱いで「延滞税」がとられてしまいます。

自分は最初、自力で計算してみたものの、自分の計算ミスが怖くて結局税理士にお願いしました。

しかしその税理士ですらも計算結果を100万円以上間違えていました(*_*)w (100万円以上の過小申告w)

今回はもし確定申告に誤りがあったときにどうすればいいか、を確認してみましょう。

そもそも確定申告とは

確定申告は基本的に会社経営者、個人事業主がやるものと思われがちですが、

会社員でも株やFXなど給与以外の収入がある場合は申告をしなければなりません。

基本的に株やFX、仮想通貨などは損益が20万円以下なら申告しなくてもOKです。

期間は2月16日~3月15日の1か月間。

株やFXは取引履歴や年間損益証明書などを提出しなければいけませんが、

仮想通貨は「雑所得」になるため書類の提出義務はありません。(書類自体は破棄せず保存しておく)

もし申告をしなかったり、過少申告をしていた場合、「延滞税」などの追微課税のペナルティがあります。

 

税理士の計算間違えは誰の責任?

そりゃ当然税理士の責任だろ!・・・と思うかもしれませんが、税務署に対する納税の責任は基本的に「納税者」にあります。

つまり「税理士が間違えようがそんなの我々税務署には関係ない!」ということです。

そんな・・・(;O;)

ただし事業者としての責任は、税理士側にあります。

お金をもらって計算しているので、当然それが間違っていたなら、顧客の損失を補填するのが当然です。ただし強制力はありません。

また、顧客が必要な資料を提出していなかったなど、顧客側に落ち度がある場合は、顧客の監督責任もあります。

 

間違いを見つけたら

確定申告の期限は先ほど述べたように1か月しかありません。

期限ギリギリにやってしまうと確認の時間もなく、提出後に気づくパターンもあります。

そのまま放置しておくと忘れた頃に税務署の調査が入り、

申告遅れの「延滞税」に、過少申告の場合は「過少申告加算税」、さらに故意なら「重加算税」が課税されてしまいます。

金持ちが税金の支払いができずに自己破産してしまうケースの多くこれです。

気づいたら早めの修正申告をしましょう!

自主的に修正申告をすれば追微課税は「延滞税」のみになります。

 

修正申告

確定申告の期間内なら、税務署で「訂正申告」を申し出れば簡単に訂正できますが、今回は期限を過ぎてしまった場合の申告方法を紹介します。
(※もし税理士がいる人は、税理士に頼めば代理でやってくれます。)

「修正申告」とは支払うべき税金を過少申告していた場合に、追加で納税するための申告です。

税務署へ行き申告した後、本来収めるべき税額と、納税遅れに伴う延滞税を追加で納めなければなりません。

必要なもの

①確定申告書類(第一表&第五表)の提出
②申告漏れの証拠となる書類(取引履歴など)

修正申告は税務署へ行けばやり方などは職員が教えてくれると思いますが、修正に伴う必要データは持参しなければいけません。

②の書類のほかに、既に提出済みの確定申告書の控えも持っていき、それを元に記入しましょう。

第一表とは収入や所得、控除など税額などが記載された用紙で、すでに申告したものとは別に、新たに修正して再提出することになります。
第五表は修正申告のために特別に必要な用紙で、修正前の内容と、修正後の税額などを記入します。

納税は税務署でその場で行うこともできるし、銀行やコンビニから支払うこともできます。

 

更生の請求

更生の請求とは支払うべき税額を多く申告してしまった場合に、払いすぎた税金を取り戻すための手続きになります。

税務署へ行き、「所得税及び復興特別所得税の更正の請求書」を記入して提出します。

訂正の証拠となる書類や、通帳も持参しましょう。

(※これも税理士がいるなら代理でしてくれるはずです)

 

おわりに

自分の場合、救いだったのは実際の損益とあまりにもかけ離れていたため、すぐに気が付いたことでした。
もし気づくのが遅くなってたら・・・。

税務署は基本的に私達の味方ではありません。

過少申告が発覚しても「延滞税」をたくさんとるために、最初の2~3年は泳がせてきます。

豚をプクプク肥やして、美味しくなってから食べるのです。

なので確定申告終わった人も、もし損益に少しでも違和感があるならもう一度自己チェックされることを薦めます。

基本的に申告間違いは自分の責任と思いましょう。




コメントを残す