【送金ミス】ウォレットに非対応仮想通貨を送ってしまった時の取り戻し方【セルフGOX】

こんにちわ、Akyです。

仮想通貨を始めたばかりの人が一番気を付けないといけないのは何でしょう?

価格変動リスク?

詐欺ICO?

送金ミス! そうです!送金ミスに気を付けなければなりません。

銀行なら管理者がいるので送金ミスも取り消せますが、仮想通貨は銀行と違って「ブロックチェーン」という独立したシステム上で送金が行われているので、
送金先によっては、最悪、電子の藻屑になります。

リップルやネムなど一部の通貨は、アドレス「+a」をつけないと送金に失敗してしまうケースがありますが、これは取り戻すことができます。
詳しくは過去記事→【仮想通貨】私が送金ミスで失った仮想通貨を取り戻した方法とは?【海外取引所】

ただしこれは「取引所への送金ミス」なので運営が対応することで解決できましたが、
今回紹介するのはウォレットへの送金ミスのケースです。

仮想通貨ウォレットとは

ウォレットは文字通り仮想通貨の「財布」的なものですが、皆さん自分の財布は誰が管理していますか?
まさか第三者に財布を管理させている人なんていないですよね?

仮想通貨ウォレットも管理者は「自分」なので、もし送金ミスがあった場合は誰も対応してくれません。
自分で何とかするしかないのです。

よくある送金ミス事例

今回、私の弟が経験した送金ミスは、ビットコインキャッシュ非対応のウォレットにビットコインキャッシュを送ってしまった!という事例。

ミスの理由として「ウォレットは全てのコインを受け取れるものだと思った」というものでした。認識の甘さが招いた悲劇です。

ここに注意!

1.仮想通貨はコインごとにアドレスがバラバラです。使い分けなければなりません。
2.ウォレットには非対応通貨があります。非対応通貨を送らないでください。

解決方法はある!

ウォレットには運営も存在せず・・・、もう取り出す方法はないのか・・・と絶望的な状況でしたが

安心してください!

俺は無事取り出すことができました。

今回は「ビットコインキャッシュ」を例に記事を書きますが、
ビットコインキャッシュ以外でも同じやり方で取り出せるかもしれません。

一見届いてないようでちゃんと届いてる!

私の身内はビットコイキャッシュ6万円分を、全く非対応のzaifウォレットに送金してしまいました。
当然表示上では「BCH」の文字がないので金額も反映されてませんが、実はちゃんとウォレットには入っていたのです。

届いているけど表示されてないだけ・・・じゃあどうするか?ちゃんと方法がありました。

用意するものと手順

用意するもの → PCとスマホ

スマホは「アンドロイド」 、PCは「windows」の方が良いと思います。IPHONEに関してはアプリが非対応で使えません。

やり方

1.カウンターパーティウォレットを使う

PCでカウンターパーティーウォレットへアクセス!

 

「Login to your wallet」表記右下の青マークをクリック

 

12個の復元パスフレーズ入力画面が出てくるので、今回送金ミスしてしまった受け取り側ウォレットの復元パスフレーズを入力します。
フレーズの表示方法はウォレットごとに方法が違うので、各人で調べてみてください。

自分の弟の場合は、zaifウォレットアプリで受け取りミスをしてしまったので、zaifの公式サイトの案内を参照にしながら、パスフレーズを表示して入力しました。

全て正確に入力が終わると、カウンターパーティーウォレットに、受け取りミス側のウォレットデータを引き継げます。

しかしまだ「ビットコインキャッシュ」は表示されていません・・・。次のステップへ進みます。

2.「Coinomi」ウォレットを使用

「Coinomi」というウォレットアプリを検索してください。現在アンドロイドにしか対応していません。

このアプリ、様々な仮想通貨のウォレットをアプリ内に作ることができて、当然のごとく「ビットコインキャッシュ」のウォレットが作成できます。

BCHウォレットを作りましょう!

 

はい、できましたね。そしたら右上をタッチ

 

「設定」をタッチ

 

「ウォレットを復元する」を選択して、

 

カウンターパーティウォレットの「復元パスフレーズ」をここに入力しましょう。

3.「秘密鍵」の入力

復元パスフレーズの入力を終えたら、一度カウンターパーティウォレットに戻ります。

 

「アドレスアクション」→「秘密鍵を表示する」を選択

 

秘密鍵を表示したら、もう一度「coinoomiウォレット」へ戻り

 

「ウォレットをスウィープする」から

 

カウンターパーティウォレットで取得した「秘密鍵」を入力していきます。

 

すると・・・

 

あら不思議、存在しなかったBCH(ビッチ)がひょっこりと姿を現しました!

おわりに

仮想通貨は革新的な技術が注目を集める一方で、一般に普及するにはまだまだ問題点も山積みで、そのひとつが送金ミスの起こしやすさです。

「気をつければいいだけだろ!」と私達経験者は思うかもしれませんが、一般への普及を考えると

こんなに簡単に資産を失う可能性があると、安心して使えるものではありません。

何度も言ってますが、仮想通貨は「発展途上」です。

今後アドレスを一元管理するサービスが出るかもしれませんし、今後どのように発展していくかは、技術者の努力と、それを使っている私たちの「声」にかかっているといえますね。




コメントを残す