【仮想通貨】comsa事件について簡単にまとめてみた【キャンプファイア】

どうも、Akyです。

仮想通貨界隈では最近まで『Comsa』という一大プロジェクトが大注目を浴びてたんだ。
COMSAとは簡単に言うと「仮想通貨」版の「株式」みたいなものだよ。既存の株式市場より制約が少なく、企業が手軽に資金を集められる方法として注目されていたんだ。

しかしそれが一転、いま大炎上していて、大変なことになってるんだ。

今回はこの『comsa事件』について、分からない人向けにまとめてみたよ。

ICOの仕組み

企業が独自の「仮想通貨=トークン」を発行して、それを他の人に買ってもらうことで資金集めができる仕組みを「ICO」というんだ。

「COMSA」とは、このICOを統括するプラットホームのことだよ。

ICOは株式のIPOと仕組みは似ているけど、株式みたいに「優待」などの特典はないんだ。そのかわり株式にはないメリットも存在するから、次世代の資金調達方法ともいわれているよ。

発行する企業のメリット

トークンを発行することで「資金集め」ができることだよ。

通常、企業が資金を集めるためには、銀行や投資家にお願いして資金を融資してもらう必要があるけど、その企業のプロジェクトが評価されない限り簡単には融資はしてもらえなくて、企業にとっても資金集めはとてもハードルが高いことなんだ。

でも「ICO」ならより多くの人に資金を出してもらうことができ、資金集めのハードルが大きく下がるから、企業側にとってもメリットが大きいんだ。

購入者のメリット

企業のプロジェクトが成功したとき、買ったトークンの時価が大きく跳ね上がったら大儲けできるのが最大のメリットじゃないかな。

もちろん逆にプロジェクトが失敗して価格が暴落するリスクもあるんだけどね。

またICOのプレセール(上場前の先行販売)は、先行して安く買えるのでうまくいけば億万長者もあり得るんだ。

COMSAを通してICO参加するメリット

COMSAというプラットホームを通して「ICO」に参加するメリットは大きく3つあるよ。

「信頼」を得られやすい

ICOで買った「仮想通貨=トークン」を売買するためには、取引所への上場を待たないといけないんだけど、
トークンが上場するためには、その取引所の「審査」に合格しなくてはいけないんだ。

なので、資金は集めたけど結局上場できないまま消えていくものもあったり、

最初から上場するつもりがないのに「上場する」と見せかけて資金を集めるだけ集めて逃げるSCAM(詐欺行為)も行われていて大きな問題になっているんだ。

でも、COMSAでICO参加した場合、COMSAと同じ会社が運営する「Zaif取引所」への上場というルートがあるので、「上場できないまま消えていく」といったリスクが低くなるんだ。

これにより「COMSA」でICO参加した方が断然安心、といった認識が広まっているんだ。

技術的なサポートを受けられる

仮想通貨は現在、そこまで一般に浸透していなくて、仮想通貨に使われている「ブロックチェーン」などの技術も詳しく知らない企業が多いんだ。

それが障壁となって、一般的な企業が「ICO」をやるにはハードルが高かったんだけど、「COMSA」を通してICOを行うことで、そういう技術的なサポートや、国内外へのPR、ホワイトペーパーの整備まで、すべてCOMSA側が請け負ってくれるんだ。

IPOよりも金融機関の圧力がない

IPOのように、借金して資金調達してるわけではありませんから、企業側もやりたいことをやりやすいのがメリットです。

COMSAの懸念点

IPOよりも低コストで、社内の制度も整備する必要もなく、金融機関からの圧力もない。
逆の見方をすると、これは買う側からすればリスクでしかありません。

つまり大赤字でもICOは参加できるし、監視がないのでやりたい放題、トークン購入者の声も聞く必要もない。

それをふまえた上で、ICO参加前に企業の実態や、経営者の人間性に至るまでしっかり下調べする必要がありそうです。

comsa参加予定のキャンプファイアが突然の否定

comsaに参加する予定として今まで名前を挙げられていた企業でクラウドファンディングでも有名な『キャンプファイア』がcomsaのプレセール開始3日前になってから突然『うちは参加しません』と突然表明したんだ。

影響力の大きいキャンプファイアの突然の参加否定に、事前にcomraトークンと呼ばれる『comsa内で使える仮想通貨』を購入してた人達が大激怒。comsaスタート直前に大荒れになったんだ。

キャンプファイア社長と音信不通

事件当時、comsaを運営するテックビューロの朝山社長は、キャンプファイアの社長に何度も連絡をいれたものの、全く連絡がつかない状態になっていたんだ。

なのにキャンプファイア社長はTwitterを普通に更新していたりしていて、これだけ大事になっているのにキャンプファイア側の対応が他人事のようで、ますます炎上したんだ。

キャンプファイア担当者とも音信不通

社長につづいて、今度はcomsaでキャンプファイアの担当者だった人物とも連絡がとれなくなったんだ。さすがに騒動の当事者たちがこの対応はまずいでしょ。。ということで炎上はますます拡大

元々comsaに参加するとは一言も言ってなかった

キャンプファイア側の主張では『comsaに元々参加するとは一言も言っていない』というもの。

確かに過去の発言をみると

うーん、、、

確かに朝山社長の一方的なアプローチに見えなくもないけど・・・

じゃあこの発言はなんなんだよ(笑)
たしかに『comsaに参加する』とは言ってないけどもさ・・・

現在連絡はついた模様

現在、渦中のキャンプファイアの社長と連絡がついた模様だが、公式の見解を出すにはまだ時間がかかるようだ。

Comsaは国内初の一大プロジェクトとして、大手企業からの支持も熱かっただけに、今回の件で始まる前から波乱の幕開けとなりそうだ。

Comsaは成功するのか?

いろいろとお騒がせのcomsaだが、comsaのプロジェクトそのものは成功するだろう、と僕は思っている。

今回の騒動は『参加企業』の不祥事であり、comsaそのものに何か欠陥があったわけではないからだ。

人気のゲームソフトの発売が延期になったところで、ゲーム機本体の評価が落ちるわけではないのと同じで、

今回の騒動は、今後『comsaに参加する企業』が増えていけば、自然と風化していくだろう。

Zaifトークンがまさかの大荒れ

今回の騒動に絡んでいるのか、zaif取引所のzaifトークンがサーバーダウンにより取引所できない状態になっていた。

Zaifトークンの価値はcomsaありきのものだったので、comsaに対する不信感が強くなった今、投げ売りが加速するのではないか、と思われていた矢先に、取引ができなくなったため、zaifを売買していたユーザー達により炎上

そして取引が再開されるや否や、0.9円台あったzaifトークンは0.4円台まで大暴落。と思いきやその直後、

0.9円に逆戻り。

zaifトークン心臓に悪すぎる!!(笑)

企画でZaifトークン売買をしていた自分としては、0.4円で買っていれば大儲けできたのに!と少し悔しい思いはある。

この件に関してはまた後日、『仮想通貨で100万円チャレンジ』にて書こうと思うのでこうご期待

いずれにしろ、俺は今日の3時からスタートするcomsaのプレセールには参加する予定だ。

追記

キャンプファイア社から正式な声明がでました。

https://mag.camp-fire.jp/21636/

キャンプファイアの声明

⬛キャンプファイア社も仮想通貨取引所を運営していて、その取引所の根幹システムを提供していたのがテックビューロ社。( zaifやcomsaと同じ会社)

⬛キャンプファイア社が他社(コインチェック社)の決済サービスを採用

⬛テックビューロから契約違反だと抗議。『comsaも含めた仮想通貨関連の業務提携を中止する』との一方的な通達

⬛キャンプファイア社は、『取引所システム』の分野のみで提携しただけで、仮想通貨領域全般でテックビューロ社と包括的な契約をした事実はない

⬛取引所のシステム提供を中止されるとキャンプファイア取引所の多くの利用者が被害を受けるので、『顧客の資産を保護するよう』求めるも連絡がつかない

⬛COMSAについても一方的に『提携を解消する』といわれたまま連絡がつかず、そのままcomsaのプレセール日が近づいていたが、テックビューロ社から『提携を解消した事実』に関して何の発表もなかったため、キャンプファイア社から『comsaと提携していない』こと発表。

⬛結果、炎上

これを見るとテックビューロ社側に大きな問題があったみたいだ。。




コメントを残す