幽体離脱キターー!!



ベッドで寝ていると、急に体が重くなった。
あれ、寝返りが打てない・・・息が重苦しい・・・
これは金縛りだ!


僕は今から8年前の2005年、中学生時代に「幽体離脱」を意図的に引き起こせる訓練方法が載っているサイトを見つけ、訓練に熱中していた時期があった。金縛りを利用するという。
結局、仕事が忙しくなるにつれて興味も薄れていったのだが。
これは8年ぶりの幽体離脱チャンス!


僕は重くなった体を半身だけ動かし、寝返りをうとうとした。
ん・・・
僕の見えない背後から、何者かが近づいてくる気配がする。
かなしばり経験者がよく「幽霊」を見た、と報告していたが、幽体離脱オンリーの僕はそんなものに期待していなかった。
嫌な予感を感じつつ、後ろを振り向こうと、必死に体を動かそうとするが、動かない。
すると、何者かに突然ケツをスリスリとなで回された。さらに背中に圧し掛かった圧力を感じる。
やっとの思いで後ろをふりむくと・・・・
いた・・・奴がいた・・・全身黒い影の長髪女性っぽい幽霊だった。


うわあ!
恐怖と興奮が全身を駆け巡る
(べつに性的な意味の興奮じゃないぞ)


幽体離脱のかつてないチャンス!僕は圧し掛かられて動けない体から脱出するために、とっさにローリング法をやった。ローリング法とは、まあ、体をローリングさせるイメージングで肉体から離脱するポピュラーな離脱方法だ。


なかなか上手くいかないが、5回目のローリングでついに体から脱出成功。指先から順に意識を集中させて、脱皮するように体を動かすイメージングをした後、ローリング!とにかく平衡感覚が回転するところまでリアルにイメージング。
さっそく、部屋中をうごきまわった。
初離脱に興奮しながらも、聞いていたほど「五感」が働かないことが不満だった。
これじゃただの意識鮮明な「夢」だ。
物をつかんだときに「接触感」がしないし、ものを食べたときに味もしない。目に映る風景にリアリティもなくかすんでいる。ただ「性欲」だけは噂どおり異常だった。金縛りのときに幽霊に下腹部を少し触られたのだが、それだけで昇天してしまいそうだった。
興奮と失望を感じながらも、いつの間にか離脱は終わって、目が覚めてしまった。


ベッドの上で、体験を振り返っているとおかしなことに気がついた。
あれ、さっき寝ていた場所はばあちゃんの実家だったような・・・
そう!僕は離脱する夢を見ていただけだった!
失望感と虚無感に襲われながら、再び寝た

ちなみに以前の幽体離脱訓練だが結果はそこそこ。
一ヶ月もすれば訓練中に全身に振動を感じはじめ、平衡感覚が狂うことも当たり前になり
半年経過すると、幻覚や幻聴を聴いたり、急にベッドにひきずり落ちそうになる重力感を体験したり、全身が加速するような加速感を感じた。幻覚といっても種類はさまざまで、色の粒子が集まって動き回るだけの意味不明なものや、天井に現れた巨大梅干、網戸に張り付いた大量の蛾(1000匹以上はいたはず)、まぶたの裏に現れた武士の生首、そして一番リアルだったのが森の奥で先住民らしき部族集団が歩いているところ。これはハイヴィジョンと表現したくなるほどで、澄んだ空気、光の光沢感までリアルに感じとれた。
その後は、就活や仕事の疲労などで、やる気がなくなってしまった。



ABOUTこの記事をかいた人

1人旅をこよなく愛する暇人。自然と動物が好き。知識なしで会社経営を始めて現在泥臭く奮闘中。投資経験ゼロから半年で10万円を3200万円に!元ひきこもり時代を経て現在格闘家。なんでもやってみて案外なんとかなってる人。