親戚と同僚と同級生と



親戚のYとGと弟と登山をしていた。元気は元気だったが、Yが途中から泣き出した。理由は分からないが、深夜の富士山登山の過酷さと不安によるものだろう。俺は抱きしめて背を叩いて慰めた。
場面変わって、どこかのフィットネスクラブ。弟と、親戚のYと、同僚のSさん、同級生のこみだいと同級生の誰か(忘れた)がジムにいた。弟と親戚と俺とでサイクリングマシーンを使っていると、SさんとKが仲良さそうにしていた。面識はないはずなのに。その後俺とSさんが話していると、Kともう一人の同級生がシャドーボクシングをしていた。俺が[Kー]と声を掛けると手を止めてこちらを向いた。楽しそうだった。



ABOUTこの記事をかいた人

1人旅をこよなく愛する暇人。自然と動物が好き。知識なしで会社経営を始めて現在泥臭く奮闘中。投資経験ゼロから半年で10万円を3200万円に!元ひきこもり時代を経て現在格闘家。なんでもやってみて案外なんとかなってる人。