学んだこと



働き始めて3ヶ月ちょい。


以前働いてた時は(16歳)、人間不信で人と打ち 解けるつもりもなく、自ら心を閉ざしていた。 開こうとしてもうまく行かないことばかりだっ た。その結果、職場の人に嫌われ、孤立し、敵 意すら持たれた。


今は違う。何とか打ち解けようと試行錯誤、 プライドを捨てて、周囲の人から学ぶつもり で、いろいろなものを吸収していった。
自分の弱味を曝け出して、自分を理解してもら うやり方。
この方法で打ち解けたのがIさ ん。最初は頻繁に目を逸らす俺に不信感をもっ ていたようだったが、人付き合いが苦手、と打 ち明けてからは度々フォローしてもらうように なった。
Iさんからは、よく笑うこと、も学んだ。ま だ、実践には移せてないが、笑うことでどんな 会話でも和やかになる。・・・けどあの人は 笑ってほしくない所でも笑うからなぁ・・・ (^_^;)


Tさんから学んだことは、単調でもいいから 声に出して返事をすること、指示を反復確認、 あるいはどんな小さなことでもいいから質問を してみること。時には分かり切ったことを質問 してしまい白けられるが、何も質問せず、はい はい言ってるより余程真剣味が伝わる。


Hさんから学んだことは、ボディタッチなど のスキンシップで打ち解けるということ。また 相手の動作や癖を真似て親近感を持たせるとい うこと(相手が人見知りでうつむいてる時は自 分もうつむく、など)


NさんとSさんとYさんから学んだこと は、話しかけるときに目で微笑む。
俺は今まで 無顔だった。
変に笑うと気持ち悪いと、勝手に 先入観をもっていたが、目で微笑む彼らに嫌な 感じは一切しない。むしろそれがデフォルトで 当たり前のようだ。彼等は笑おうと考えている わけではなく、自然と見についたコミュニケー ションスキルだと思う。


Kさんから学んだことは、口下手を行動の誠 意で補うこと。
Kさん自体は口下手ではない が、勤務初期の人見知りの俺に飴をくれて親し く接してくれたりした。俺もこれを真似てGさんやIさんに飴をあげたりしたが、実際に 早い段階で打ち解けることができた。


時には衝突もすることもあった。 最初はTさん、次にIさん、次にNさ ん、次にSさん、
でも結局仲直りして、お互いを尊重できる関係 になった。

特にSさんとは強烈だった。完全にイジメ モードの、陰湿な嫌がらせをしてきたため、事 なかれ主義的な態度を止めて、高校時代の強気 な態度を取ってみせた。
無言で眼力を強くして 相手の目を見据える。ここで相手が引かなかっ たら声を張り上げて威嚇、まだ引かなかったら 壁や机を蹴り上げて脅かす。

中学時代に対人恐 怖症だった俺も、高校時代はこれですっかり不 良扱いされた。Sさんは意外にも第一段階で 引いてしまったため、大きな衝突は無かった が、その後も小規模な衝突を繰り返し、今はお 互いを尊重できる距離感になった。もし俺が最 初に弱気な態度のままだったら、完全にいじめ られっ子だっただろう。


この職場で学んだ一番大きな事は「壊れた人間 関係は修復可能」ということだ。 昔の俺だったら、壊れた時点でゲームオー バー。諦めモードになっていた。故に壊れるこ とを過度に恐れ、人間関係を恐れるようになっ た。 今は違う。むしろどんどん壊して修復していっ たほうが、より強固な人間関係、相互理解に繋 がるのだと思う。だから人間関係上手く行かな くなったら、自ら壊すようにさえしている。 昔と違い、人間関係の修復方法を知ってるから だ。
それは、ちょっとした微笑みと気配りだけだ。



ABOUTこの記事をかいた人

1人旅をこよなく愛する暇人。自然と動物が好き。知識なしで会社経営を始めて現在泥臭く奮闘中。投資経験ゼロから半年で10万円を3200万円に!元ひきこもり時代を経て現在格闘家。なんでもやってみて案外なんとかなってる人。