轢き逃げして逃走



車で身内と旅行中、とある山道で工事員を轢いた。3人のうち1人を轢いて、他2人は気づいてない。そもそも本当に轢いたのか自分も分からない。
きわどいタイミングで工事員と接触したような感じがしただけ。
車を止めてる時、工事員2人と雑談し、去り際に「さっき誰か轢いたかもしれません」と言って車を出発させた。
後部座席から後ろを眺めると、ひとりが壁の土管っぽい場所に頭から突っ込んでぐったりしていた。
多分轢いた時に吹き飛ばされたのだと思うが、こりゃマズイことになった。
車を止めたいが止められず(そもそも身内が運転してる)諦めた。

と、ここでなぜか俺が運転手になってた。運転が不安定で安定せず、また誰かを轢いてしまった。
警察に捕まるんじゃないかとヒヤヒヤしながら、旅行先の旅館へたどり着いた。
もちろん警察に捕まるのが怖くて、ゆっくり出来ない。隣の温泉館へ移動しようとしたら、修学旅行生の団体がいた。
なんとその中に弟が。弟の友達もいて、挨拶したが、余計ゆっくり出来ない。

ここで捕まったら一生の恥だ。と、ここでなぜか弟の友達からからかわれた。
弟の友達だから我慢するしかなかったがカチンときた。
結局温泉には入らず宿に止まることにしたのだが、その宿からベランダに出た時だった。
外に止まってる黒い車の内ひとつから「白のジャージにグレーのズボン、対象二名が移動。待機せよ」と聞こえた。
この時直感的に宿の部屋の外に警察が待機してるな、と思い焦った。

そもそも俺が轢いたんじゃない、と言い訳が脳裏をよぎる。ここで目が覚めた。



ABOUTこの記事をかいた人

1人旅をこよなく愛する暇人。自然と動物が好き。知識なしで会社経営を始めて現在泥臭く奮闘中。投資経験ゼロから半年で10万円を3200万円に!元ひきこもり時代を経て現在格闘家。なんでもやってみて案外なんとかなってる人。