【仮想通貨】仮想通貨で100万円チャレンジ6【資産6倍達成!しかし・・・】

やあみんな!

やりました!ついに資産6倍達成です。

ザイフトークンで失敗して、この企画ではじめて損失を出してしまいましたが、早めに損切りしてモナコインに移動しました。

この時点で資産は11万7000円。

モナコインにエントリーの理由ですが、このチャート、「エリオット波動理論」で見るともう一段上に伸びる可能性がありました。

※エリオット波動理論
トレンドは「伸びの1波」「戻しの2波」「伸びの3波」「戻しの4波」「伸びの5波」で構成されることが多い。
・伸びの1波 = プロトレーダー達による先行買い
・伸びの3波 = 1波の伸びを見て集まったイナゴ達による買いの殺到
・伸びの5波 = 出遅れたイナゴ達による伸び

現在、「戻しの4波」状態なので、「伸びの5波が来る」とにらんでのエントリーでしたが

案の定、伸び抜けました!

500円タッチしてから勢いがなくなってきたので一旦売り。

ザイフトークンでの損失を大幅にカバーできましたね。

まだホールドしておけば、伸びる可能性もありましたが
なぜ、モナコインを早々に手放したのかというと・・・もうひとつ仕込んでおきたいコインがあったからです。

それは・・・・

「PEPECASH」です(キモw)

モナコインと同じキャラクターコインであり、海外版2ちゃんねる「4CHAN」で人気のジョークキャラクター「PEPE」がモチーフだそうで、その生い立ちはモナコインに近いものがあります。

もちろん、買う前に下調べをしておきました。

PEPECASHの用途

元々、PEPECASHは「デジタルカード(トークン)」を購入するために使われる仮想通貨のようで、これを売買する際に「PEPECASH」が用いられてるようです。

このデジタルカードというのは仮想通貨の「ブロックチェーン技術」とトレカを融合させた、次世代のトレーディングカードゲームみたいなもので、それぞれが独自に自分でカードを作成できます。子供の頃遊戯王やデュエマをやったことがある人は分かるかもしれませんが「僕の考えた最強のカード」を誰でも作れるのです。

カードの表紙は「自分の書いたPEPEの絵」や「自分で作ったPEPEのコラ画像」を使用し、それをカードとして売買し、そのカードの絵やコンセプトが評価され人気になれば価値が上がって行きます。

また、この「デジタルカード」の売買以外に、海外の4CHANでは「お礼」用のチップとしても使われていて、「ちょっとお礼したいなー」思ったときに、この「PEPECASH」をあげるという使われ方をしています。

つまり、実需が存在するトークンなのです。

「モナコインとルーツが似ている」
「実需がある」
「日本国外の取引所でも扱われている」

この三点が買いの決め手でした。

もう既にレジスタンスラインをブレイクしそうな兆しが見えていたので、モナコインを颯爽と手放し、急いでPEPEに飛び移りました。

すると・・・

びっくりするくらいの高騰!

いずれ上がるだろう・・・と思ってたのですが、まさか買った直後に高騰が始まるとは思ってませんでした。(思えばザイフトークンもそんな感じだった)

「上がってるから買おう」じゃなくて「割安だから買おう」って感覚が大事なのかもしれませんね。

現在、67万円。この企画の最終ゴール地点「100万」まで大きく前進しました!

現在の総資産

67万7145円

懸念点

ただザイフトークンのときに犯した失敗が、急高騰したあと反動で下がってしまい「売り時」を逃してしまったのと、

下がり続けるのが怖くなって「手放した」瞬間上がったり、買い直した瞬間下がったりを繰り返して、利益を大幅に減らしたこと。

モナコインのときは逆に、反動を警戒して「手放した」結果、高騰に乗れなかったのもあって

今回は「すぐには売らない」ことにします。おそらく反動で下がってくるでしょうが簡単には手放さないで長い目で見ます。

追記

反動キマシタワー

もう売り時を逃してるし、これも想定内ということで。
ここで売ったらザイフトークンの二の舞のような気がする。。。

現在の総資産

26万7042円




コメントを残す