マンション



大型マンションに住んでいた。

近所には悪ガキ

悪ガキはいろんな人にイタズラをして近所の住民を怒らせていた

叱ってもラチがあかず諦めてマンションの自室へ帰った

この部屋はうちのばあちゃんの知人から借してもらってる部屋だ

鍵を締めて部屋で過ごしてると、突然鍵が開きはじめ、ばあちゃんの知人が侵入してきた。

俺がいると分かると、何事も無かったかのように声をかけてきて雑談がはじまった。

会話の内容は覚えていないが、ちょっとギクシャクしていた。

会話が終わり、その人は部屋を出て行ったが、もしかして合鍵を使っていつも侵入してるのか?と思うと、心配になった。

俺がいなかったら何をしてたのか?物を盗んでるのだろう…

いろいろな事を考えたが、それも吹き飛ぶような衝撃的な事件が起きた。

弟が学校から帰ってくると、足の脛が腫れていた。腕もかすり傷で真っ赤。

何があった?と聞くと、元気の無い声で「何も無いよ…」

その落ち込み具合で、いじめだと直感的に確信した。

魂が抜けたかのように自室へ籠る

久々に怒りが沸いてきて、弟をいじめた犯人を見つけ出して弟の仇をとる、と思った所で目が覚めた。

~おわり~



ABOUTこの記事をかいた人

1人旅をこよなく愛する暇人。自然と動物が好き。知識なしで会社経営を始めて現在泥臭く奮闘中。投資経験ゼロから半年で10万円を3200万円に!元ひきこもり時代を経て現在格闘家。なんでもやってみて案外なんとかなってる人。